避難民らであふれる田端駅周辺と構内

田端駅の跨線橋には避難する人々が列をなし、駅構内は貨物列車から降りる人たちであふれかえっている。

クリップ詳細

クリップ名称 避難民らであふれる田端駅周辺と構内
映画題名 東京関東地方 大震災惨害實况 大正十二年九月一日二日三日
クリップTC[in/out] 01:25:46:04 / 01:26:41:19
カテゴリ[場所/シーン] 北 / 避難,救助・救護・救援
推定される撮影場所 田端駅周辺と駅構内
推定根拠 最初のカットに映る跨線橋は『震災五十八景』(1924年)にも見える。また、3番目のカットでは画面右端に「巖手●上 / 土」(●は判読不能)という幟旗が見える。『東京震災録 後輯』(1926年)によれば、岩手県の諸団体が活動した駅は田端駅と川口駅で、そのうち田端駅において岩手郡厨川村救護班(土淵青年団)が田端駅で救護品の荷下ろし、食料、飲料水の配給を実施。
典拠資料 關露香著、羽鳥古山画『震災五十八景』(番町書院、1924年)58コマ目・田端駅
(国立国会図書館デジタルコレクション)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/966762/58
当該の画に先立つ文章の題名は「汽車の避難民 品川と田端驛」。目次の題名は「田端驛」。
東京市役所編『東京震災錄 後輯』(1926年)第二巻第一篇第二節第二段「東北線方面」第四件「岩手縣の活動」267-268頁
(国立国会図書館デジタルコレクション)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1449771/143https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1449771/144
旧住所 北豊島郡滝野川町田端付近
新住所 北区田端1丁目付近
推定される撮影時間 9月8日〜12日(田端駅で岩手県土淵青年団が活動した期間)
推定根拠 『東京震災錄 後輯』に、土淵青年団が9月7日に地元を出発し、9月13日に帰郷するまでのあいだに4日滞京作業したと記されている。
典拠資料 東京市役所編『東京震災錄 後輯』(1926年)第二巻第一篇第二節第二段「東北線方面」第四件「岩手縣の活動」267頁
(国立国会図書館デジタルコレクション)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1449771/143
関連資料 -
  • 本動画には一部センシティブな描写が含まれている場合があります。