駿河駅に止まった機関車

東海道本線駿河駅(現・御殿場線駿河小山駅)で避難所になったという蒸気機関車

クリップ詳細

クリップ名称 駿河駅に止まった機関車
映画題名 東京関東地方 大震災惨害實况 大正十二年九月一日二日三日
クリップTC[in/out] 01:05:00:15 / 01:05:15:10
カテゴリ[場所/シーン] 静岡県 / 避難生活の場
推定される撮影場所 東海道本線駿河駅(現・御殿場線駿河小山駅)
推定根拠 小山町史編さん専門委員会編『小山町史 第8巻近現代通史編』(小山町、1998年)464頁に「駿河駅に残る車両一両も避難所とな」ったとある。
典拠資料 小山町史編さん専門委員会編『小山町史 第8巻近現代通史編』(小山町、1998年)

旧住所 駿東郡小山町小山
新住所 駿東郡小山町小山
推定される撮影時間 9月3日以降に駿河駅へ至って撮影か。
推定根拠 東海道本線の富士岡-岩波間は地震発生後、9月1日当日のうちに、また御殿場-富士岡間は9月3日に開通。
典拠資料 鐵道省『國有鐵道震災誌』(1927年)219頁
(国立国会図書館デジタルコレクション)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1869382/171
関連資料 -
  • 本動画には一部センシティブな描写が含まれている場合があります。