海辺橋の復旧工事

海辺橋とは、仙台堀川に架かる現・清澄通りの橋(当時は深川区、現在は江東区)。工兵隊により橋の復旧工事が行われたという。本作の最終部では、この海辺橋付近で馬上から視察する摂政宮の姿が写されている。

クリップ詳細

クリップ名称 海辺橋の復旧工事
映画題名 關東大震大火實況
クリップTC[in/out] 01:40:14:08 / 01:40:32:00
カテゴリ[場所/シーン] 江東 / 復旧
推定される撮影場所 海辺橋
推定根拠 トラス、復旧用資材、背景の建物
典拠資料 『大正十二年九月 大正震災寫眞集 關東戒嚴司令部』(偕行社、1924年)写真「海邊橋ノ架橋(工兵第十三大隊)」
(国立国会図書館デジタルコレクション)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/966761/113
『教育資料 寫眞通信 大震災記念號』第116號(寫眞通信社、1923年)写真「深川海辺橋落下の惨状」。以上の写真に写る橋桁(湾曲具合)や配管と一致している。
旧住所 深川区亀住町、万年町2丁目、西平野町、伊勢崎町
新住所 江東区深川1丁目、2丁目、平野1丁目、清澄3丁目
推定される撮影時間 -
推定根拠 -
典拠資料 -
関連資料 -
  • 本動画には一部センシティブな描写が含まれている場合があります。