全壊した丸善ビル

壁面の一部を残して全壊した丸善ビルの様子。佐野利器の設計による鉄骨造の建物で、1909(明治42)年に竣工した。地震による目立った被害は見られなかったとされるが、その後の火災によって躯体の鉄骨が大きく変形し倒壊した。

クリップ詳細

クリップ名称 全壊した丸善ビル
映画題名 關東大震大火實況
クリップTC[in/out] 01:12:31:07 / 01:12:39:13
カテゴリ[場所/シーン] 中央 / 焼失,倒潰・損壊
推定される撮影場所 丸善ビル
推定根拠 建物外装
典拠資料 北村嘉太郎編『大正十二年関東大地震 震害調査報告(第三巻)橋梁・建築物之部 道路之部』(財團法人 土木學會、1927年)「第二編 建築物 寫眞 第四百四十一『東京市日本橋區通三丁目 丸善株式會社鐵筋煉瓦造(床は鐵筋混凝土造、木造混用)の震害狀況』」
旧住所 日本橋区通3-14
新住所 中央区日本橋2-3
推定される撮影時間 -
推定根拠 -
典拠資料 -
関連資料 震災豫防評議會編『震災豫防調査會報告 第100号(丙)下』(1926年)建築材料ノ被害寫眞 「寫眞第四六 丸善書店鐵骨ノ被害」「寫眞第四八 丸善書店ノ被害 震害ヲ認メズ火災ニヨリ崩潰ス」
建築學會編『明治大正建築寫眞聚覧』(1936年)104 頁「155 丸善株式會社」
(国立国会図書館デジタルコレクション)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1223059/116
  • 本動画には一部センシティブな描写が含まれている場合があります。