激甚な被害を受けた京橋付近

京橋北東詰から南西の方向に見た様子とみられ、手前には京橋の親柱、遠景には実業ビルディングの影が見える。

クリップ詳細

クリップ名称 激甚な被害を受けた京橋付近
映画題名 關東大震大火實況
クリップTC[in/out] 01:11:45:17 / 01:11:51:06
カテゴリ[場所/シーン] 中央 / 焼失,倒潰・損壊
推定される撮影場所 京橋北東詰から南西の方向を見る
推定根拠 京橋の親柱、遠景に見えるビル(実業ビルディング)
典拠資料 復興局編『帝都復興記念帖』(1930年)写真「京橋川 京橋上流」
震災豫防評議會編『震災豫防調査會報告 第100号(丙)下』(1926年)240頁
旧住所 京橋区南伝馬町3丁目
新住所 中央区銀座1-3-9
推定される撮影時間 -
推定根拠 -
典拠資料 -
関連資料 震災豫防評議會編『震災豫防調査會報告 第100号(丙)下』(1926年)頁番号なし 鐵筋「コンクリート」造被害寫眞 「寫眞第五七 京橋區有樂橋橋詰 實業「ビルディング」建物ノ内部ニハ強固ナル間仕切壁ヲ有スルモノニシテ震害ニヨル被害ヲ認メズ」
  • 本動画には一部センシティブな描写が含まれている場合があります。