損壊した浅草凌雲閣(十二階)周辺の火災

上階が損壊した浅草凌雲閣(十二階)。周囲はまだ激しい炎に包まれている。

クリップ詳細

クリップ名称 損壊した浅草凌雲閣(十二階)周辺の火災
映画題名 関東大震災[返還映画版]
クリップTC[in/out] 01:02:22:22 / 01:02:57:09
カテゴリ[場所/シーン] 台東 / 火災,焼失,倒潰・損壊
推定される撮影場所 浅草区千束町2丁目付近
推定根拠 震災豫防評議會編『震災豫防調査會報告 第百號(丁)』101頁によれば「…本塔ハ大體第八階床上ヨリ全部崩壞墜落シ、唯南及ビ南々東ノ二面ノ壁體ノミ八階天井迄ヲ遺シ…」(後述する写真と比較すると、9階の意味か)ていた。また、復興局編『大正十二年 關東大地震 震害調査報告(第三巻)橋梁・建築物之部 道路之部』 (1927年)「寫眞 第三百四十四 東京市淺草區 凌雲閣の震害(其一)(北西西より見たる光景)」および同「第三百四十五 東京市淺草區 凌雲閣の震害(其二)(南微西より見たる光景)」ともに頁番号なし、復興局編『帝都復興記念帖』(1930年)「淺草興行街の慘狀(へし折れた凌雲閣を望む)」頁番号なし、などの凌雲閣残骸の写真を比較すると、西側が8階天井まで倒壊している。このため、このシーンは西側(厳密には西と西南西のあいだ)から東南東に向かって撮影されたと判る。
典拠資料 復興局編『大正十二年 關東大地震 震害調査報告(第三巻)橋梁・建築物之部 道路之部』 (1927年)
(国立国会図書館デジタルコレクション)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1268695/302
復興局編『帝都復興記念帖』(1930年)
旧住所 浅草区千束町2丁目付近
新住所 台東区浅草2丁目付近
推定される撮影時間 9月1日13〜14時
推定根拠 文部省震災豫防調査會編『東京市火災動態地圖 大正十二年九月大震災』(1924年)
(国立国会図書館デジタルコレクション)https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/981890/33
典拠資料 -
関連資料 -
  • 本動画には一部センシティブな描写が含まれている場合があります。